Skip to content(本文へジャンプ)

アプリ製品

業務浸透アプリ
「業務エントランス」とは

業務文書ピラミッドに基づいた業務文書(規程、プロセス、マニュアル、様式・帳票)を
一元的に管理するためのSaaS型アプリケーション

業務エントランスシリーズ概要

業務エントランスを体験する

左右矢印をクリックでアプリのデモが始まります

アプリの具体的な使い方をご紹介します。
例えば、中途採用の営業マンが、営業業務の概要や詳細を知りたいというケースで説明します。

まず、規程アプリを使って、営業の基本的な考え方、方針を学ぶことができます。

営業基本方針に関する規程は「営業」タブに収納されています。

クリックすると、営業業務規程の本文が開きます。
ボタンのクリック、またはスクロールで、2条、3条……と読むことができます。

この規定によって営業の基本的な心得を理解することができます。
次に、具体的な活動を行うために、下のレイヤーの「プロセス」を見てみましょう。

例えば、営業マンが「営業訪問前に何時、何を準備するか知りたい」というシーンを考えてみましょう。
まずは、このプロセスアプリで「営業・受注」の全体プロセスを確認します。

営業・受注」タブをクリックします。
営業・受注」に関する業務一覧が表示されますので、一覧から「営業活動業務」を選択します。

すると、営業活動業務に必要な一連の「プロセス」(フロー図)を見ることができます。
上段のプロセスボタンを押すと、各フェーズごとの「プロセス」 (フロー図)が表示されます。

フロー図内のボックスをクリックすると、そのステップの説明文章(5W1H、行動基準等)が表示されます。

2番目のボックス「営業訪問準備」をクリックしてその説明文章を表示します。
「営業訪問準備」の説明文書中のマニュアルのリンクをクリックしてみましょう。

すると、「マニュアルアプリ」にドリルダウンします。
ここでは営業訪問前の事前準備に関する詳細なマニュアル・ノウハウを確認することができます。

各アプリでは、シーン毎にコメントを入力することもできるので、
顧客の要求や現場の提案等を各シーンで集めていくことができます。

業務エントランス導入の効果

  • 業務文書の体系化効率的な利用・管理

    大量の業務文書を体系化し、管理運用するのは大きな負担。

    Wordではメンテナンスが大変ですが、本アプリでは引用関係を管理し、本文中のリンクを自動設定。リンク切れを防止します。

  • 現場の意見の収集現場との双方向性

    業務改革の意見はアンケートだけでは現場の生の意見は把握しにくい(整理も大変)。

    本アプリでは、コメント機能を活用し、規程・プロセス・マニュアルに紐づけて現場の意見を的確に把握可能。業務改革が加速します。

  • 業務文書活用のモニタリングデータに基づく現場把握

    検索ワード、文書の閲覧数などを分析することで、良く利用されている文書や支店などを定量的に把握できます。

    重点的にメンテナンスすべき業務文書や、業務指導を手厚くすべき支店などの判断根拠になります。

  • 業務を浸透・進化させるPDCA現場の意見とデータに基づく

    「業務文書を利用」→「コメントを収集・データを分析」→「業務(業務文書)を改訂」のサイクルで、業務文書管理のPDCAを実施。

    PDCAを回して、業務文書体系に基づく業務をしっかり現場が実践するよう、業務を浸透・進化させます。

  1. HOME
  2. アプリ製品
Bitnami