Skip to content(本文へジャンプ)

事例紹介

不動産管理業

人数規模: 3,000-4,000名

  • #業務を整理・統一したい
  • #業務文書を整備したい

営業所によってルールがバラバラで、本社に問い合わせが殺到

全国に支店を持つ大企業で、業務を統一化し、
現場の効率化と管理部門の負荷軽減を同時に実現。

お客様: 不動産管理業

全国数十万戸におよぶ賃貸住宅の管理を行う大手不動産会社。一部上場企業である住宅総合メーカーのグループ会社。全国各地に支店・営業所を持ち、約3000人もの従業員を抱える。

お客様の当初の悩み

  • 営業所によってルールやプロセスが異なり現場が混乱
  • マニュアルや通達が多数存在し、どこに何があるのか、何が最新なのか分からない
  • 正しいルールやプロセスの確認のため、本社や管理職に問合せが殺到し、生産性が低下
  • 決裁プロセスが複雑で、決裁に時間がかかる

打ち手

  • 既存の社内文書を精査し、業務毎に文書を分類・体系化
  • 体系化した資料を元に、現場に現状業務や課題点をヒアリング、改善箇所を明確化
  • ルール・プロセスを再整備し「業務要領書」を作成
  • 作成した業務要領書を業務浸透アプリ(業務エントランス)に掲載し、常に最新の情報が確認できるように整備
  • 業務文書の管理・更新体制を整備

効果

短期的効果

  • 日常業務の生産性向上
  • 現場課題を業務に紐づけて抽出
  • 本社や管理職の問合せ、決裁工数の軽減

長期的効果

  • 社内文書の整備、管理方法の策定により文書メンテナンスの負荷が軽減
  • 新入社員の早期戦力化

業務改革コンサルティング、業務浸透アプリ、
どちらもこちらからご相談ください。

お問い合わせ・資料請求

  1. HOME
  2. 取引実績・事例紹介
  3. 営業所によってルールがバラバラで、本社に問い合わせが殺到