Skip to content(本文へジャンプ)

事例紹介

事例インタビュー

高砂熱学工業株式会社様

大正12年創業で2023年に100周年を迎える長い歴史を持つ高砂熱学工業株式会社は、空調設備業界において売上首位、業界トップの特許取得件数を誇る技術力を持つ、パイオニアにしてリーディングカンパニーです。

そんな高砂熱学工業株式会社は、2017年より全社的な業務改革という難題に取り組み、コロナ禍という突発的な逆境をも乗り越え、足許までの4年間で一定の成果を出されています。アメリスでは、その業務改革を当初よりサポートし、伴走してきました。

ここではこの業務改革を主導した、DX推進本部 業務刷新部長・齋藤哲胤様に具体的な話を伺いながら、業務改革で直面するであろう壁や困難を乗り越えるうえで、主導する側が持つべきスタンスとベストプラクティスに迫ります。

4今後の展望
「現場の負担を軽くするため、より軽量化していく」

最後に、今後の業務改革の展望を教えてください。
齋藤様

業務改革は、作り上げる苦労だけではなく、常に改訂し続ける苦労もあります。その点、業務要領書をまとめる工程では、我々がアメリス様とともに現場を支援していきましたが、今後の改善は現場に比重を寄せていくことも課題の1つです。そのうえで、現場の負担を軽くしていくためにも、作り上げた業務要領書の標準形をさらに洗練させ、より軽量化していくことも重要かと考えています。

また、私たち自身も、ずっとアメリス様におんぶにだっこの状態でいるわけにはいきませんので、継続的に改善し続ける体制を構築していかなければなりません。とは言え、アメリス様が相当現場の奥まで入り込んで業務改革を進めてくれた分、「当社の業務を一番知っているのは入本さんじゃないか」なんて冗談が飛び交うくらいになっています(笑)。

入本

過分なお言葉、そして、インタビューのお時間ありがとうございました。

  1. HOME
  2. 取引実績・事例紹介
  3. 高砂熱学工業株式会社様
  4. 04
Bitnami